複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

5月5日のこぼれ話

 中東和平関連では、パレスチナ自治政府(PA)のアッバス議長が4日、電話でオルメルト氏に祝福を伝え、和平交渉再開を呼びかけた(5/5ハーレツ)。ブッシュ米大統領が、米国ユダヤ人委員会100年記念会合で、米国のイスラエルの安全保障へのコミットメントは揺るぎないと述べた(5/5イェデオト・アハロノト)。スウェーデンが難民問題で入国を希望しているPA閣僚(ハマスのメンバー)に、EU諸国で初めてビザを発行した((5/5ハーレツ)。欧州理事会が、PAの崩壊を“避けるか遅らせる”ため、アッバス議長の事務所を通して援助資金を送ることを提案(5/5ガルフ・ニュース)。西側外交筋によると、米国はこの提案を拒否しており、イギリス、フランス、アラブ連盟による個別の援助資金の送金もブロックしているという(5/5ハーレツ)。なお、現在のところ、国連食糧計画(WFP)がパレスチナ人の直面している人道危機を訴えたにもかかわらず、アラブ諸国からの寄付は寄せられていないという(5/5ガルフ・ニュース)。ロンドンのアルクッズ・アルアラビ紙が、アッバス議長はファタハを割って、カディマのように新党を視野に入れているかもしれないと報じた(5/5イェデオト・アハロノト)。
 イラン関連では、アナン国連事務総長が4日、米国に対し核問題での危機を打開するために、イランとの直接対話をするよう呼びかけた(5/5ハーレツ)。アハマデネジャド大統領が4日、10カ国の経済フォーラムに参加するためアゼルバイジャンを訪問した(5/5バハレーン・トリビューン)。フランスのドビルパン首相は4日、軍事行動はイランの核開発の国際的手詰まりの解決にはならないと述べた(5/5バハレーン・トリビューン)。反体制派組織「イランのクルド民主党」の指導者が、クルド人が権利を獲得するためにはイランのレジュームチェンジが必要だと述べた(5/4シャルクル・アウサト)。
 イラク関連では、イラク駐留米軍が4日、ザルカウィーのイメージを損なうためのプロパガンダの一環として、同容疑者のビデオ(米国製テニスシューズを履き、米製マシンガンを使用している画像で、先月の掃討作戦で入手したという)を放映、5日にはイラク国営テレビやアルアラビーヤ衛星放送などで繰り返し流された(5/5シャルクル・アウサト)。GCC内相会議が5月23日に開催され、イラクからのテロリストや外国人武装勢力の侵入を防ぐ戦略が協議される予定(5/5ガルフ・ニュース)。
 レバノン政府は4日、中国大使の強力な抗議があったため、台湾の陳総統の航空機乗り入れを拒否した(5/5デイリー・スター)。
 イギリスは4日、アフガニスタンでのNATO軍の指揮権をイタリアから引き継いだ。6月からは治安の不安定な南部地域の国際軍事作戦の指揮を引き受けることになる(5/5デイリー・スター)。
[PR]

by cigvi | 2006-05-05 23:32 | <こぼれ話>
<< 注目ヘッドライン-電子版より 注目ヘッドライン-電子版より >>