複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

5月30日のこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュースを中心に拾っています。

<中東和平関連>
・ハマスのハレド・メシャル氏は、レバノンでの車爆弾で死亡した2人のイスラミック・ジハードのメンバーを悼む式典の後、アッバスPA長官の行為を非難した。今年1月の選挙で既にパレスチナ人の意向は表明されているとして、パレスチナ人の直接投票を拒否した(5/30エルサレム・ポスト)。
・数千人のパレスチナ人が30日、ラマラの政府の建物の周囲でデモを実施し、給与支払いを要求した。ハマスが政権について以降、最大規模の抗議運動。
・南レバノン国境付近でのイスラエルとレバノンの武装勢力との報復合戦から1日後の29日、イスラエルの戦闘機がレバノン領空を侵犯した(5/30アラブ・ニュース)。
<その他の東地中海関連>
・2ヶ月前に結成されたシリアの在外反体制派グループ国民救済戦線(ナショナル・サルベーション・フロント)は29日、6月4、5日にロンドンで、シリア政府のレジューム・チェンジのための「行動計画」について協議すると表明した(5/30クウェイト・タイムズ)。
<イラク関連>
・イラク国防相の報道官は29日、イラク治安部隊がザルカウィーの重要な支援者で指名手配中のKassim al-Aniを、18日にバグダードで拘束したと表明した。なお、イラクのアルカイダは29日、ウェッブサイトで親米のスンニー派部族長(アンバル州のKarablah部族のJedaanss氏)を殺害したとの声明を出した(5/30ガルフ・タイムズ)。
・在バグダード米国大使館によると、2004年4月以降のイラクで人質となった外国人は439人以上だという(65%は釈放、18%は殺害、17%は未解決)。大部分は通常1万~5万ドルの身代金を支払って解決しているという(5/30アルジャジーラ)。
<北アフリカ関連>
・スーダンの人民解放運動(SPLM)と与党の国民会議党(NCP)が、2005年1月に和平合意に署名して以来はじめて、協力推進を目的とした3日間の会議を開催、スーダンの安定と暴力追放で協力を表明した。しかし、争点の豊富な油田地域であるアビエイの地位については決着を見なかった(5/30ミドル・イースト・タイムズ)。
<その他>
・カナダの諜報機関は29日、数人のカナダ市民もしくは在住者がアフガニスタンのアルカイダのキャンプで訓練を受けたと公表。ここ数年、治安関係アナリストが警告していたことが公式に確認された(5/30シャルクル・アウサト)。
[PR]

by cigvi | 2006-05-31 21:51 | <こぼれ話>
<< 5月31日のこぼれ話 5月29日のこぼれ話 >>