複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

6月19日のこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュースを中心に拾っています。

<中東和平関連>
・ヨルダンのアブドラ国王は18日、パレスチナ自治政府のアッバス長官とアンマンで協議を持った後、エジプトのシャルム・エル・シェイクを訪問し、ムバラク大統領と会談をした。同国王と同大統領は、イスラエルの一方的行動は深刻な事態を招くとの認識で合意、またパレスチナ側派ロードマップにのっとった和平プロセスの積極的なパートナーとなるべきだと表明した(6/19ヨルダン・タイムズ)。
<その他の東地中海関連>
・ムバラク大統領はまた、アブドラ国王とヨルダン・シリア間の緊張関係についても協議した。同大統領は20日、シリアのバッシャール・アサド大統領と会談を持つ予定である(6/19ガルフ・ニュース)。
<イラク関連>
・米軍とイラク軍は18日、新たなチェック・ポイントを設けてラマディー市への出入りを強化した。米軍報道官は、このオペレーションは有志連合軍とイラク軍が数ヶ月にわたって行ってきた作戦の一環であるとし、18日からは複数の武装勢力がテロ攻撃の計画・実行、武器の集積地により焦点を当てていると述べた。また、現時点でファルージャのような大きなオペレーションは行っていないとした(6/19アラブ・ニュース)。
<アラビア半島関連>
・クウェイトはパキスタンに約20億ドルの投資を行うと発表した。シェイク・サバーハ・アルアフマド・アル・サバーハ首長のパキスタン訪問(19日、クウェイト首長としては初の訪問)に先立ち、同国を訪問している投資担当国務相により表明された(6/19アラブ・ニュース)。
<その他>
・オーストラリアで爆弾攻撃を計画したとされる男性が18日、同国の強化された新反テロ法に基づいて、シドニーの裁判所で3件のテロで有罪判決を受けた。同男性はオーストラリアとパキスタンの二重国籍を持ち、2003年にオーストラリアから国外追放されたフランス国籍の男性とともに、パキスタンの武装組織ラシュカル・エ・トイバで訓練を受けたとみられている(6/19アルジャジーラ)。
[PR]

by cigvi | 2006-06-20 22:45 | <こぼれ話>
<< 6月20日のこぼれ話 6月18日のこぼれ話 >>