複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

6月29日のこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュースを中心に拾っています。

<中東和平関連>
・29日早朝に起きたハマスのパレスチナ自治評議会議員たち数十名の拘束は、数週間前に計画され、28日に検事総長からの承認を得たものであった。同日、シンベトの長官がオルメルト首相に拘束候補となるハマス幹部のリストを提出した(6/29ハーレツ)。
<その他の東地中海関連>
・ヨルダンのバヒート首相は28日、ダマスカスでバッシャール・アサド大統領に会い、アブドラ国王から同大統領宛の書簡を渡し、同大統領をヨルダンに招待した(6/29ヨルダン・タイムズ)。
・ヨルダンとシリアは28日にダマスカスで開かれたヨルダン・シリアハイレベル合同協議会で、経済や貿易の協力など8つの共同合意書に署名した(6/29ヨルダン・タイムズ)。
<イラク関連>
・トルコの地方自治体の高官筋によると、PKKのメンバーが28日早朝、ヒトエンドランの攻撃を行い、トルコ軍兵士1名を殺害し、イラクに逃げ込んだという。トルコ軍はPKKの追跡を行っていたが、イラク国境を越えたかどうかは定かでない(6/29トルコ・デイリー・ニュース)。
・28日の国営サウジ通信によると、米国のハリルザド駐イラク大使は、サウジアラビアを訪問し、サウジ政府高官たちとスンニー派武装勢力を政治プロセスに引き込むための方途について協議を行った(6/29クウェイト・タイムズ)。
<アラビア半島関連>
・26日からロシアを訪問しているサルマン・リヤド州知事は28日、ロシアのプーチン大統領とイラクおよびパレスチナ問題をはじめとする中東情勢について協議した。協議の折、同知事は、アブドラ国王からの親書を手渡した(6/29アラブ・ニュース)。
[PR]

by cigvi | 2006-06-30 20:45 | <こぼれ話>
<< 6月30日のこぼれ話 6月28日のこぼれ話 >>