複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

7月2日のこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュースを中心に拾っています。

<中東和平関連>
・イスラエルの平和活動家の主導で1日、数百人のイスラエル人がオルメルト首相の自宅前に集まり、「市民への攻撃に反対」「軍事的解決に反対」と訴えた(7/1アルジャジーラ)。
・エジプトの治安当局者によれば、イスラエルの沿岸地区への攻撃の中、4000人以上のパレスチナ人がガザとの境界に近いエジプトの2つの町に足止めされ、居住地に帰れないままとなっている。彼らの多くは湾岸諸国での出稼ぎ労働者で、エジプト経由で夏期休暇のため帰国途上にある(7/2バハレーン・トリビューン)。
<イラク関連>
・米国のハリルザド駐イラク大使は1日、イラク政府ならびに米国管理の刑務所から一層の拘束者の釈放が実施されることになると述べ、過去数週間に有志連合が監督していた拘束者のうち3000人近くを釈放したと述べた。また、司法省報道官は、マリキ首相の国民融和計画の一環として、1日、犯罪者でないと判明した495人の拘束者が釈放されたと述べた(7/2バハレーン・トリビューン)。
・政府当局は、国内避難民のために600万ドルを投じて仮設住宅を建設すると表明した(7/1アッザマン)。
<アラビア半島関連>
・サウジ国家安全保障アセスメント・プロジェクト(SNSAP)による独自の報告によると、サウジアラビアの2006年度の治安関連予算は、同国の大規模石油コンビナートの安全確保のため、2005年度を20億ドル上回る120億ドルに上る予定となっている(7/2シャルクル・アウサト)。
<北アフリカ関連>
アフリカ連合の報道官が6月30日に表明したところによると、スーダン政府は、西部のダルフール地方でアフリカ連合の停戦監視に参加しているチャド軍人に対し退去するよう命じた(7/1ガルフ・ニュース)。
[PR]

by cigvi | 2006-07-03 21:34 | <こぼれ話>
<< 7月3日のこぼれ話 7月1日のこぼれ話 >>