複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

7月5日のこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュースを中心に拾っています。

<中東和平関連>
・パレスチナ自治政府のアッバス長官の顧問ナビル・シャス氏によると、アラブ連盟によるパレスチナ人への支援金約5000万ドルは3日、アッバス長官に直接送金された。なお、サウジアラビアから、さらに5000万ドルが送金される予定である(7/4アルジャジーラ)。
・ロイターによれば、先月釈放されたジェマー・イスラミーヤの精神的指導者アブ・バカル・バシールは3日、インドネシアはイスラエルと闘うパレスチナ人を支援するために戦闘員を送るべきだと述べた(7/4イェデオト・アハロノト)。
<イラク関連>
・バグダードで19人の護衛とともに拉致されていたイラクの電力省次官は、約10時間の拘束の後、7人の護衛とともに解放された。(7/4アルジャジーラ)。
<アラビア半島関連>
・イエメンの国営通信社によると、サーレハ大統領が、次期大統領候補者として、今後の増加するイエメンのエネルギー需要をまかなうために、原子力発電も含めて検討するつもりだと発言した(7/4アルジャジーラ)。
<その他>
・公正・発展党のイスタンブル事務所の建物で4日、小規模な爆発が起きた。被害者は出なかった(7/5トルコ・デイリー・ニュース)。
・トルコを訪問中のイラクのジバリ外相は4日、CNNトルコとのインタビューで、北イラクを拠点としているPKKメンバーに対する軍事攻撃は、PKK問題を短期間だけ解決するに過ぎず、最終的には政治的に解決すべきだろうと述べた。また、PKKは指導者のオジャランが逮捕された後は、政治への参加を目指しつつあるとも述べた(7/5トルコ・デイリー・ニュース)。
[PR]

by cigvi | 2006-07-07 00:35 | <こぼれ話>
<< 7月6日のこぼれ話 7月4日のこぼれ話 >>