複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

7月31日のこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュースを中心に拾っています。

<中東和平関連>
・アラブ連盟のムーサ事務総長は30日、レバノンのカナでのイスラエルの多数の市民への空爆に関する国際的な調査の実施を求める声明を出した(7/30シャルクル・アウサト)。
・シリアのビラル情報相は、シリアとレバノンは一つの家族であり、誰も引き離すことはできないと述べた。また、同情報相は、ドイツのZDFテレビによる、ヒズボラはシリアを通してイランから武器を供与されているとの放送内容を否定した(7/30シリア・タイムズ)。
・イランのモッタキ外相は31日、ダマスカスを訪問し、シリアのムアレム外相と短時間の会談を行った。その後、モッタキ外相はレバノンへ向かい、ムアレム外相はドーハへ向かった(7/31イラン国営通)。
<イラク関連>
・ハディ・アルアミリ国会議員(バドル組織の指導者)は、ナジャフでの演説で、マリキ政権を転覆させ、軍事クーデター政府の樹立について語っている者がいる、と述べた。また、そのような行為によって、スタート地点に戻るだけでなく、憲法と選挙結果を無効にすることを意味する、と付け加えた(7/30シャルクル・アウサト)。
・バグダードの電力部門の責任者は、ここ数日間で、バグダードの最も危険ないくつかの地域で電力の回復に努めている中で50人以上の電気技師が殺害された、これにより、政府のバグダードでの電力供給の増加計画は遅れることになると、述べた(7/30アッザマン)。
<イラン関連>
・イランとベネズエラは、石油、環境、薬・衛生関連など、二国間協力の拡大に関する11の覚書に署名した。(7/31イラン国営通信)。
<その他>
・治安筋によると、トルコの警察は30日、民主社会党(DTP)による会合で、PKKに関係しているとの理由で、約130人を拘束した。DTPは、この会合は市民の問題に関するディベートが目的だと述べている(7/31アラブ・ニュース)。
・トルコのサバーハ・デイリー紙が30日に報じたところによると、イラクのクルドの指導者たちが、PKKのメンバーに対し、武器を捨てないと山岳地帯のキャンプで孤立することになると告げたという。タラバニ大統領とマスード・バルザニ・クルド自治政府議長は、米国とトルコのクルド出身の政治家の圧力により、こうした戦略を打ち出したのだと、同紙は報じている(7/31トルコ・デイリー。ニュース)。
[PR]

by cigvi | 2006-08-02 22:21 | <こぼれ話>
<< 8月1日のこぼれ話 7月30日のこぼれ話 >>