複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

9月16日に拾った「こぼれ話」

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<その他の東地中海関連>
・ドイツのステインマイヤー外相は15日、ブリュッセルでのEU外相会議後、記者団に対し、シリアはドイツを含むいくつかのEU加盟国に、武器密輸をとめるためシリア側の国境コントロールへの助言と支援を求めてアプローチしてきている、と述べた(9/15イェデオト・アハロノト)。
・ヨルダンのアブドラ国王は16日付のアルハヤート紙のインタビューに対し、「率直に言って(シリアとの関係は)非常に良い、とはいえない」と述べた(9/16ハーレツ)。
<イラン関連>
・カジリ・バジリハマネ石油相は16日イラン国営テレビで、国会が承認すれば、現在のエネルギー需給状況が2、3ヶ月続いた後に、配給が実施されることになると述べた。国会の承認がいつになるかは言及しなかった(9/16タイムズ・オブ・オマーン)。
[PR]

by cigvi | 2006-09-17 22:50 | <こぼれ話>
<< 9月17-19日に拾った「こぼれ話」 9月15日に拾った「こぼれ話」 >>