複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

9月28-29日に拾った「こぼれ話」

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
・国連レバノン暫定軍(UNIFIL)のAlexander Ivanko報道官は、イスラエルは、先のヒズボラとの停戦で効力を発したレバノンとの緩衝地帯への違反行為を行っていると述べた。同報道官は、イスラエル国防軍とUNIFIL(フランス部隊)との間で“にらみ合い”があったとのAPなどの報道は否定した(9/29ハーレツ)。
・パエスチナ自治政府(PA)のアッバス大統領は公務員の未払い給与の一部分(1500ニュー・シェケル)の支払いを命じた、と28日、ラフィーク・エル・フセイニ大統領首席補佐官が述べた。今回ン支払い命令は、カタルとサウジアラビアがPAに資金を供与した後に発出された。同日、ガザ市では各銀行で支払いを待つ公務員たちの長い行列ができた(9/29ハーレツ)。
<その他の東地中海関連>
・レバノン国軍のヘリコプターが、初めて、レバノン・シリア間の東部および北部国境パトロールを開始した。レバノン治安高官(匿名)および目撃者らが28日に述べた(9/29クウェイト・タイムズ)。
・28日付シリア政府のバアス紙は、シリアは領土が解放されるまで、そしてイスラエルが打倒されるまで、抵抗勢力の側につく決意を強めた、との論説を掲載した(9/29デイリー・スター)。
<イラク関連>
・内務省は“不正”に関与した7000人以上の内務省員を解雇した。同省の国内問題部長Ahmad Hashem氏が認めた(9/27アッザマン)。
<アラビア半島関連>
・サウジアラビアの国民登録局筋が、サウジ内務省は、先般採用された新IDカードの交付または更新時に、全てのサウジ国民の指紋を登録させると、シャルクル・アウサト紙に語った(9/28シャルクル・アウサト)。
・バハレーンのハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ国王は28日、国民議会選挙の日程をまた、シェイク・ハリーファ・ビン・サルマン・アル・ハリーファ首相は、地方自治選挙の日展を布告した。両選挙とも11月25日に行われる(9/29バハレーン・トリビューン)。
・カタル・オリンピック委員会は28日、2016年のオリンピック開催国に立候補することに関心があると表明した。一方、ドバイもオリンピック開催を意識しドバイ・スポーツ・シティーの建設途上(総工費20億ドル)にある(9/29ガルフ・ニュース)。
<北アフリカ関連>
・ワールド・エコノミック・フォーラムが26日に公表した2006-7年のグローバル競争力レポートによると、チュニジアは125か国中30位で、中東・北アフリカ諸国の中では第1位であった。競争力のランキングは、公表されている経済データと1万1000人余りのビジネス・リーダーへのアンケート調査に基づく(9/28ミドルイースト・タイムズ)。
<その他>
・トルコの国営アナトリア通信は28日、27日遅くイランのバザルガン市(トルコとの国境から約1km)で、天然ガス・パイプラインで爆発が起きたと伝えた(9/29ハリージュ・タイムズ)。8月には、トルコ領内で同じパイプラインの一部がPKKのメンバーにより爆破された(9/29ハリージュ・タイムズ)。
[PR]

by cigvi | 2006-10-01 00:03 | <こぼれ話>
<< 9月29-10月1日に拾った「... 9月26-27日に拾った「こぼれ話」 >>