複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

12月19-24日に拾った「こぼれ話」(3)

<アラビア半島関連>
・サウジアラビアは18日、2007年の国家予算を発表した。歳出3800億SR(1010億ドル)、歳入4000億SR(1060億ドル)で、過去最大規模。また、2006年の収支は2650億ドルの黒字を記録する見込みで、今年末までに3660億ドルの公的債務を削減できるだろうことが公表された(11/19アラブ・ニュース)。
・クウェイトのMohammed Al Sanoussi情報相が17日、辞任した。同氏は翌日、今年の国民議会選挙期間中に衛星テレビ局の活動を制限しようとしたことについて供述を求められる予定であった(11/17ハリージュ・タイムズ)。
・UAEとパキスタンの労働相は21日、パキスタンの労働省での式典において労働者に関する覚書にサインした。同覚書は基本的には論同社の権利保護を目的としている(12/22ガルフ・ニュース)。
[PR]

by cigvi | 2006-12-28 23:36 | <こぼれ話>
<< 12月25-31日に拾った「こ... 12月19-24日に拾った「こ... >>