複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年1月24-27日に拾ったこぼれ話

また、長期にお休みし、すみませんでした。

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
・スペインのモラティノス外相は27日、マドリードでパレスチナの中東和平交渉責任者エラカット氏との会談後、スペインは700万ユーロをアッバス大統領の事務所に拠出すると発表した(1/27イェデオト・アハロノト)。
・ガザ地区にあるアルアラビーヤ・テレビ(サウジアラビアが所有していると広くみなされている)の事務所で22日夕刻に爆発が起きた。犠牲者は出なかった。同テレビは、ハニヤ首相は神を冒涜したと報じたことで、脅しを受けていた(1/23ハーレツ)。
・覆面をした約40人のパレスチナ人が23日、ガザ地区の閑散としたリゾート地で爆弾などを使い破壊行為を行った。目撃者によると、彼らは自らをアルカイダに所属していると語り、ファタハのダーランが所有している場所をすべて破壊し、ダーランを爆殺すると述べていた。ダーランに近い筋は、同氏はこのリゾート地に何の利害関係も持っていないと述べた(1/23ハーレツ)。

<アラビア半島関連>
・サウジアラビアのアブドゥラ国王は、27日付クウェイト紙Al Siyassahとのインタビューで、スンニー派からシーア派への改修の試みは機能しない、シーア派の拡大を認識しているが、スンニー派は常にイスラム世界の多数派であり続ける旨述べた。(ガルフ・ニュースは、)同国王のコメントは、アラブのメディアが、イランは政治力を伸長させるためにスンニー派アラブ諸国の中でシーア派を拡大させようと試みていると報じたことを受けてのものと思われる、と報じた(1/27ガルフ・ニュース)。
・サウジアラビアのナイミ石油鉱物資源相は25日、北京で国家発展改革委員会の馬凱主任と会談し、石油部門での両国間の協力強化について協議した。同相によると、中国のサウジアラビアからの石油輸入量は47万B/Dで(2005年から7%増、中国の石油輸入需要の16%以上を占める)、今後も伸びが予想されると述べた。両国間の2006年の貿易量は200億ドルに達した(1/26アラブ・ニュース)。
・サウジアラビアのアブドゥラ国王は22日、毎週の定例の閣議で、新年(1月20日から開始)に当り平和と安全がイスラム世界に広がることを望むと述べ、イスラム諸国は、各国国民の進歩と幸福を達成するため、およびイスラムの崇高な教えからの逸脱を避けるために、改革、発展建設的な対話を継続することを望むと語った。また、戦争、大災害、内部紛争の結果イスラム世界の一部で、人々が被っている災難を残念に思うと述べるとともに、イスラムの特徴は慈悲と寛容であると語った(1/23アラブ・ニュース)。
・イエメンのアデン湾の沿岸警備責任者は25日、ソマリアとエチオピアからの236人の不法移民を拘束したと述べた(1/26ガルフ・ニュース)。
[PR]

by cigvi | 2007-01-28 21:44 | <こぼれ話>
<< 2007年2月22-23日に拾... 2007年1月5-8日に拾った... >>