複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年3月3-6日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●ハマスの政治部門の指導者メシャル氏(シリア在住)は6日、メッカ合意について説明するためテヘランを訪問し、イランのアハマディネジャド大統領およびモッタキ外相と会談を行った。メシャル氏はモッタキ外相との共同記者会見で、「メッカ合意後のハマスは、それ以前のハマスと同じである」と述べた。一方、アハマディネジャド大統領は同氏に対し、イスラエルに対する抵抗活動を続行するようにと述べ、また、パレスチナ内部抗争を停止するよう述べた(3/6イェデオト・アハロノト)。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3373178,00.html
●5日付ニューヨーク・タイムズ紙が報じたところによると、イスラエルの諜報機関シンベトのディスキン(Yuval Diskin)長官が、ハマスが訓練のために既に数十人をイランに送り込んでおり、さらに数百人を送り込む約束がある、と述べた。また同長官は、これはガザに密輸されたどんな武器よりも危険なものであると語ったと報じられた(3/6イェデオト・アハロノト)。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3372987,00.html

<その他の地中海地域関連>
●4日付アッサウラ紙が報じたところによると、シリアのオトリー首相は50人以上の官僚(国営企業関係者44人、省庁関係者9人)を汚職・不正行為のため解雇した。その他の件でも調査が進んでおり、政府の汚職・不正行為撲滅活動が実を結びつつある、と同紙は報じている(3/5シャルクル・アウサト)。
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=8206

<イラク関連>
●イラク調和戦線(Iraq Accordance Front, IAF)の党首アドナン・ドレイミ氏は6日、イラク国民リスト(Iraq National List, INL, 党首イヤド・アラウィ氏)との政治同盟を結び、イラク国民戦線(Iraq National Front)と命名したと表明した。同氏は、この新同盟はどの派閥にも偏らないものであり、派閥的暴力を終わらせ、イラクの統一を保つことを目的とする、と声明で述べた(3/6Voice of Iraq)。
http://www.aswataliraq.info/modules.php?op=modload&name=News&file=article&sid=38830&mode=thread&order=0&thold=0

<アラビア半島関連>
●サウジアラビアの閣議は、3月28-29日にリヤドで開催するアラブ首脳会議で、パレスチナやイラクなどの主要問題の効果的解決策を採択し、アラブ世界での進展、改善、経済協力の新しい時代を開けると楽観視していると表明した。また、イスラムの統一と団結を強化し、イスラムの各学派間の理解を推進し、イムラム世界のより緊密な関係を築くことをサウジが決意していると強調した。それに先立ち、アブドゥラ国王は閣僚たちに対し、アガマデネジャド・イラン大統領、ムバーラク・エジプト大統領、アブドゥラ・ヨルダン国王との協議内容について説明した。そして、同国王は、サウジの外交は4つの確固とした原則に基づいていると述べた。すなわち、①アラブ内の強力な関係樹立および、人種、宗教、学派の違いに関わらずアラブのアイデンティティを強化すること、②イスラムの統一と結束の強化、および学は間の理解の推進、③平和を愛するあらゆる国と理解の架け橋を築くこと、④アラブとイスラムの大義の成就のために行動し、世界の安定と繁栄に貢献すること、である(3/6アラブ・ニュース)。
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=93158&d=6&m=3&y=2007
●イエメンの匿名の治安関係者が3日、語ったところによると、100人のイスラム過激派が当局者により釈放された。刑期を終えた者や証拠不十分の者も含まれる。100人のうち19人は、かつてイラクのアルカイダのザルカウィー指導者の下で武装闘争をしていた者であり、うち何人かはシリア、エジプト、サウジなどからイエメンに引き渡された後、テロ計画で有罪となっていた。また、サウジ人4人が含まれていた(3/4シャルクル・アウサト)。
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=8194

<北アフリカ関連>
●イスラミック・マグレブのアルカイダ(Al-Qaeda Organisation in the Islamic Maghreb)が、アルジャジーラに対し、5日の7人の警察官殺害、および3日のロシア企業による天然ガスパイプライン建設(アルジェ南東130km)の労働者を運んでいたバスへの攻撃の犯行声明を出した。同組織はウェブサイトでも犯行声明を出した(3/6アルジャジーラ)。
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/6C94AAFB-7466-4042-9B8F-03ABDF3468F7.htm
[PR]

by cigvi | 2007-03-07 23:49 | <こぼれ話>
<< 2007年3月7-9日に拾った... 2007年2月26-3月2日に... >>