複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年4月24-27日に拾ったこぼれ話(2)

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<イラク関連>
●バスラ州議会は同州のMohammed Mosbeh al-Waeli知事(ファディーラ党所属)を退任させるための一段階として、バスラ・イスラミック・リスト(SCIRI、バドル組織などが所属)が中心となって、同知事に対する反対決議を可決した。(4/27ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/modules.php?op=modload&name=News&file=article&sid=43067&mode=thread&order=0&thold=0 
●オーストラリアのハワード首相は27日、米国議会が米軍のイラクからの撤退期限に関する法案を可決したことは間違いであり、アルカイダを満足させる事になるだろうと述べた。(4/27ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/April/focusoniraq_April202.xml§ion=focusoniraq&col= 
●イラクのアンバル州の部族長の一人であるSheikh Abdulsattar Abu Risha氏はラマディーから衛星電話を通じてロイターに対し、アンバル救済委員会(Anbar Salvation Council)の傘のもと、2万人の人たちを警官としてリクルートし、同州の街頭に配置したと述べた。(4/27シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=8774 
●イラク政府報道官は、サウジ政府がマリキ首相のサウジ訪問を拒否したとの話しを否定し、サウジ訪問の延期には“技術的理由”とサウジ政府の予定が詰まっていたことが理由であると述べた。(4/26ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/modules.php?op=modload&name=News&file=article&sid=42981&mode=thread&order=0&thold=0 
●イラクのマリキ首相は25日、オマーンを訪問し(2日間)、カブース国王との会談を持ち、両国に関する幅広い協議を行った。(4/26タイムズ・オブ・オマーン)
http://www.timesofoman.com/inner_cat.asp?cat=1&detail=6152&rand=sexHHuB8WSZxEcfAY85jVUBLrG 
●国連イラク支援ミッション(UNAMI)が25日に発表した、イラクの人権状況に関する2007年1-3月の報告によると、2006年2月のサマラのアスカリ聖廟爆破事件以降の利益集団間対立により、難民または避難民となっている人は70万7000人以上(およそ11万7901家族)と見積もられる。(4/25ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/April/focusoniraq_April185.xml§ion=focusoniraq&col= 
●イラクのマリキ首相は2日間のエジプト訪問後にクウェイトを訪問し、24日、サバーハ首相と会談した。イラク側はクウェイトにイラクでの大使館開設を要請しているが、クウェイト側はバグダードの治安状況が改善された後でないと大使館は開設しないと主張している。また、マリキ首相はクウェイトが対イラク債権(160万ドルと見積もられている)の大部分を放棄してくれることを期待している。(4/24ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/April/focusoniraq_April180.xml§ion=focusoniraq&col= 

<イラン関連>
●米国のCBSニュースが27日に報じたところでは、新たな米軍情報機関はイランが2010年までに核兵器を所有する可能性があるとの評価を出した。(4/27ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/853084.html 
[PR]

by cigvi | 2007-04-29 20:31 | <こぼれ話>
<< 2007年4月24-27日に拾... 2007年4月24-27日に拾... >>