複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年5月29-6月5日に拾ったこぼれ話

2007年5月29日-6月5日に拾ったこぼれ話
*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●パレスチナ暫定自治政府のアッバス大統領は5日、イスラエルによる占領開始40年となる1967年の6日戦争の開戦日のテレビ演説で、パレスチナ市民は内戦の瀬戸際に立っており、内戦となればイスラエル軍の占領下で暮らすよりも、おそらくひどい状況となるだろう、と述べた。(6/5シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=9178 
●(論説)イスラエルの政治関係者はここ数週間、ある一つの問題に焦点が当たっていた。それは、オルメルト首相のシリアとの秘密チャンネルが明らかになったことである。(6/1ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/865659.html 
●(論説)最近、イスラエル国防軍がガザ地区での大規模な軍事作戦について、前向きでない主要な理由は、この夏、シリアとの戦闘に陥るかもしれないとの懸念があるためである。(6/1ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages//865658.html 
●ライス米国務長官は、ベルリン開催のイスラエル・パレスチナ問題のカルテット会議に向かう途中で、ブッシュ政権はイスラエルがシリアと交渉することを阻害しているとの非難に関し、米国は両国の和平協議の考えに反対はしていないと述べた。しかし、プライオリティーがあり、パレスチナとの和平が先決だと自分は考える、と加えた。(5/30イェデオト・アハロノト)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3406318,00.html 
●パレスチナ暫定自治政府(PA)および欧米の高官が28日に述べたところによると、米国の支援で、PAの公務員の給与の一部の支払いのための寄付金が、Salam Fayyad PA財務相が管理する銀行口座に振り込まれ始めた。(5/28イェデオト・アハロノト)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3405694,00.html 

<その他の東地中海関連>
●シリアのモアレム外相は1日、ダマスカスを訪問していたイランのモッタキ外相との共同記者会見で、レバノンのハリーリ前首相暗殺容疑者に関して国連が設置する国際裁判所について、シリアは関与しないつもりだ、と述べた。(6/2ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/June/middleeast_June13.xml§ion=middleeast&col= 

<イラク関連>
●イラク南部に駐留している多国籍軍は2日、声明で、イギリス軍は今年末までに撤退することになるだろうと述べた。(6/2ボイス・オブ・イラク)
http://66.111.34.180/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=47389&NrIssue=2&NrSection=1
●イラク警察が述べたところによると、武装勢力によって2日早朝、キルクークやアルビルのある北部とバグダードを結ぶ橋(Sarha橋、Chinchal川に架かっていた)が爆破され、大きな被害を受けた。(6/2シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=9143 
●ブッシュ米大統領は、病気治療も兼ねて訪米中のイラクのタラバニ大統領と会談し、米国はイラク政府が重要な目標(ベンチマーク)達成できるよう全面的に支援すると述べた(6/1ハリージュ・タイムズ)http://www.khaleejtimes.com/DisplayArtcleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/June/focusoniraq_June1.xml§ion=focusoniraq&col= 。タラバニ大統領は、2週間の米国滞在を終え、2日にイラクに戻ることになった、当初の帰国予定は6月8日であった(6/1ボイス・オブ・イラク)。
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=47297&NrIssue=2&NrSection=1
●イラク・イスラム最高評議会(SIIC)の指導者ハーキム師は5月31日、米国とイランでのメディカル・チェックを終え、バグダードに戻った。(6/1ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=47303&NrIssue=2&NrSection=1 
●イラク駐留多国籍軍は、5月30日、アルビルでの式典においてイラクのクルディスタン地域(あるビル、スレイマニヤ、ドホークの3州)の治安権限をペシュメルガに引き渡した。(5/3ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=47215&NrIssue=2&NrSection=1 

<イラン関連>
●(参考)フーゼスタン州(イラン南部)のアラブ系イラン人の状況に関する記事(6/4アルジャジーラ)
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/3EC09F90-D829-4FD9-B4CE-DD5078468EED.htm 
●イランの最高安全保障委員会事務局長のラリジャニ氏は1日、マドリードでスペインのサパテ露首相と会談を持った。イラン国営通信が報じたところによると、両者はラリジャニ氏とソラナEU代表との協議で、イランの核開発問題解決の「新たな地平」(ラリジャニ氏の言)が開けたことを評価した。(6/3イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/2859/html/national.htm 
●イランのモッタキ外相は、2日間のシリア訪問中、1日にハマスの政治部門のメシャル指導者と会談を持った。同外相はイスラム聖戦のRamadan Sallah事務局長にも会った。また、ヒズボラの事務局長の政治顧問やアマル運動の幹部とも協議を持った。
アルハヤートにシリアの高官が語ったところによると、モッタキ外相は今回の訪問で、シリアと主要4項目(①二国間協力、②パレスチナ情勢、③レバノン情勢、④ハリーリ全レバノン首相暗殺に関する国際裁判所設立)について協議した。(6/1イディオト・アハロノト)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3407447,00.html 
●イランは5月28日の米国との大使級の協議のための代表団長に関し、当初、国連大使のMohammad Javad Zarifを指名する予定であったが、ハーメネイ最高指導者の承認を受け直接アハマディネジャド大統領による介入でカゼミコミ駐イラク大使に変更になったという。(5/29シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=9114 

<アラビア半島関連>
●サウジアラビアの国営通信が報じたところによると、同国の内務省は5日、アルカイダのサウジ支部のメンバー3人を逮捕した。(6/5ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/June/middleeast_June75.xml§ion=middleeast&col= 
●目撃者によると、Saada地方において最近、イエメン政府軍とシーア派の法学者al Houthi師のグループ間の戦闘で、双方で100人以上の死者がでている。(6/4シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=9173 
●クウェイトのSheikh Nasser Al Mihammed Al Sabah首相は4日、最初の公式外国訪問としてシンガポールに到着した。(6/4ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/June/middleeast_June42.xml§ion=middleeast&col= 
●サウジアラビアのスルタン皇太子は29日、リヤドを訪問したトルコのVecdi Gonul国防相と会談し、二国間の協力強化の方途について検討した。(5/30アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=96851&d=30&m=5&y=2007 

<北アフリカ関連>
●エジプトの治安筋が2日、匿名でAFPに語ったところによると、国会の上院(シューラ評議会)の選挙(7月11日)を前に、同国政府は1日から2日にかけて5つの州で、52人のムスリム同胞団メンバー(選挙での立候補者の支援者)を拘束した。イスラムのメッセージを掲載したポスターを掲示(憲法違反)したためだという。(6/2シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=9147 

<トルコ関連>
●トルコのIsmail Sari検察官が30日に記者たちに、同国南西部のBingol県で5月25日に分離独立派のクルド・ゲリラに襲撃された列車のコンテナを調べた際、イランからシリアに向かう建設資材の中に隠されていた武器を発見し、押収したと述べた。同日、イラン大使館は武器はイランの者ではないとの声明を出した。匿名の政府高官によると、武器の種類はマシンガンや拳銃とされているが、Dogan通信社によると、ロケット発射台やロケットも含まれていたと報じている。(5/31シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=9126 
[PR]

by cigvi | 2007-06-09 23:15 | <こぼれ話>
<< 2007年6月6-10日に拾っ... 2007年5月19-28日に拾... >>