複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年6月24-7月1日に拾ったこぼれ話(1)

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●7月1日付の独立系のAl-Ghad紙が報じたところによると、ヨルダンのアブドラ国王は、(噂されている)パレスチナ人と連合および連邦の形成について否定し、この時期にこの問題が提起されていることはパレスチナ、ヨルダン双方に対する陰謀に違いない、と語った。(7/1ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/876954.html 
●パレスチナ自治政府のアッバク大統領は29日、ジュネーブで開催されている社会主義者国際会議において、パレスチナ・イスラエル間でできるだけ早期に全体的、包括的な合意のための和平交渉の再開を呼びかけた。そして同大統領は、私はPLOがイスラエルと交わした全ての合意に関与していると付け加えた。さらに、同大統領は、ハマスの武力によるガザ制圧を非難し、新パレスチナ政府はハマスを孤立させることを決めている、と述べた。(6/29イェデオト・アハロノト)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3419075,00.html 
●ロンドン発行のアルハヤート紙が25日のシャルム・エルシェイクでの首脳会談に参加した人物の情報筋によるとして、同会談でパレスチナ自治政府のアッバス大統領はオルメルト・イスラエル首相に対し、マルワン・バルグーティー氏(ファタハの西岸地区の前責任者)の釈放を要求した、と報じた。アッバス大統領は、同氏の釈放がパレスチナの人々の中でのファタハの支持回復になることを望んでいる、と同情報筋は述べた。(6/26イェデオト・アハロノト)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3417738,00.html 

<その他の東地中海関連>
●国連の藩事務総長は29日、安保理決議1701号に関する4回目の報告を出した。その中で、同事務総長はレバノンの政治的混乱とイスラエルの継続的決議違反に失望感を表明した。(6/30デイリー・スター)http://www.dailystar.com.lb/article.asp?edition_id=1&categ_id=2&article_id=83450 また、潘事務総長はシリアとイランに対し、レバノンの武装勢力に武装放棄させるよう求めた。さらに、シリアに対し、レバノンとの国境管理をより厳格にするよう求めた。(6/30ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/876627.html
●エジプトに引き続きヨルダンを訪問したサウジアラビアのアブドゥラ国王とヨルダンのアブドラ国王は28日、大規模な住宅都市計画を共同で公表した。(6/29アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=4§ion=0&article=97987&d=29&m=6&y=2007 
[PR]

by cigvi | 2007-07-04 00:11 | <こぼれ話>
<< 2007年6月24-7月1日に... 2007年6月17-23日に拾... >>