複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年10月9-11日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●ハマスの元パレスチナ自治政府首相のハニヤ氏は10日遅く、支持者たちに対し、ガザにおけるわれわれの統治は一時的なものであると述べた。(10/11シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10523●シリアのバッシャール・アサド大統領は、11日のチュニジアのAch-ChouroukおよびLe Quotidienの2紙とのインタビューで、11月に予定されている中東和平国際会議に招待されたとしても、シリアは参加しないだろうと語った。また、会議ではゴラン高原問題を含む全ての和平トラックを協議すべきだと述べた。(10/11ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/911937.html
●ハーレツの世論調査(サンプル502人)では、オルメルト・イスラエル首相とアッバス・パレス治安自治政府大統領の協議を支持すると答えた人々は51%であった(42%が不支持)。(10/11ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/911891.html●パレスチナ自治政府のアッバス大統領は10日、パレスチナ独立国家の国境については、1967年以前のものとなることが最大の要求だと述べた。(10/10シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10505
●イスラエル国防軍は最近、東エルサレムと西岸の入植地Ma’aleh Adumimの間に位置する4つのアラブの村の1100ヘクタール以上を没収する命令を出した。東エルサレムとエリコを結ぶ道路建設のためだとしている。(10/10ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/910736.html
●イスラエルのオルメルト首相は8日、同国を訪問したトルコのババジャン外相との会談で、11月に予定されているアナポリスでの中東和平国際会議ではゴラン高原問題は取り上げられることはないだろうと述べた。また、シリアを孤立させるべきではなく対話すべきとの同外相の発言に対し、オルメルト首相は、シリアがテロ支援を止めなければ対話はできない旨答えた。(10/9ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/910979.html

<イラク関連>
●イラク・イスラム最高評議会(SIIC)のハーキム師は10日朝、テヘランでの療養を終えて帰国した。(10/10ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=57357&NrIssue=2&NrSection=1&ALStart=40
●イラク・イスラム最高評議会(SIIC)の関連組織であるバドル組織の主要メンバーDiaaal-Din al-Fayyad氏はボイス・オブ・イラクとの電話インタビューで、先ごろSIIC指導者のハーキム師とムクタダ・サドル氏の間で結ばれた取り決めの内の一つは、外国軍の撤退を促進するために治安と安定を維持するということだと語った。(10/9ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=57270&NrIssue=2NrSection=1

<イラン関連>
●イラン中央銀行は、2006年9月20日から2007年9月20日の間のインフレ率が15.8%に上ったと発表した。Mehr通信が報じたインフレ率によると、4月が12.8%、5月が13.6%、6月が14.2%、7月が14.8%、8月が15.4%であった。(10/11イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/2963/html/ 
●イランのJomhuri-ye Isrami紙が11日に報じたところによると、イラン警察は4月以降、イスラムに基づく厳格な服装に違反した12万2000人(ほとんどが女性)に警告を出し、その内の7000人近くが、ルールを守るための指導教室に参加した。(10/11シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10521

<アラビア半島関連>
●サウジアラビアのKhaled Al-Anqari高等教育相によると、アブドゥラ国王は10日、ダンマンの女性のためのデザイン学部など17学部の新設を承認した。(10/11アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=102340&d=11&m=10&y=2007
●サウジアラビアの改革派の学者Khalid Al Dakhil氏などはAFPに対し、最近行われたアブドゥラ国王が発表した王位継承規則や司法の修正を受け、諮問評議会メンバーの選挙など政治参加をもたらす真の変化がもたらされるべきだと語った。(10/11ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/October/middleeast_October132.xml§ion=middleeast&col=
●カタルのAbdullah ibn Hamad Al-Attiyahエネルギー相は9日に放映されたアルジャジーラ・テレビで、1972年から現在までのインフレを考慮すると、正当な原油価格は100ドルを超えているはずだ、と述べた。(10/10アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=4§ion=0&article=102292&d=10&m=10&y=2007
●サウジアラビアのアブドラ国王は8日、同国の権力の以上をスムーズにするためとして昨年に表明していた王位継承法を履行するための細かな規則を布告した。同規則では、誰が忠誠委員会(国王と皇太子を選出する)のメンバーとなれるのかについて要点が述べられている。また、そのメンバーが死亡した際はどうすべきか、皇太子はどのように選出されるべきかについて明記されている。同法によれば、同委員会は故アブドル・アジーズ国王の息子たちから構成されるべきだとしている(死亡や無能力などの場合はさらにその息子に継承)。(10/9アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=102226&d=9&m=10&y=2007 
●UAE中央銀行の反マネーロンダリング部のAbdulrahi, al-Awadi部長は8日、テロリストへの資金供与の疑いがある17の預金口座(130万ドル)の資産を凍結したと発表した。(10/9ガルフ・タイムズ)
http://www.gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=177406&version=1&template_id=37&parent_id=17
[PR]

by cigvi | 2007-10-16 22:26 | <こぼれ話>
<< 2007年10月12-14日に... 2007年10月7-8日に拾っ... >>