複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年10月21-24日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●エジプトの治安関係者がAFPに語ったところによると、同国治安部隊は24日、シナイ半島で約500kgのTNT爆弾を発見した。爆弾はガザに密輸予定だったと見られている。(10/24ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/October/middleeast_October344.xml§ion=middleeast&col= 
●シリア国営通信SANAは23日、バッシャール・アサド大統領がゴラン高原のシリア人住民にシリアのIDカードを与えるとの命令を出したと報じた。SANAによると、その目的は、同高原に居住するドルーズの人々が被っているイスラエルの人権侵害による痛みを和らげるためだという。(10/24ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/October/middleeast_October328.xml§ion=middleeast&col= 
●フランスのサルコジ大統領は22日、フランスを訪問しているイスラエルのオルメルト首相と会談し、パレスチナとイスラエルはそれぞれの国民国家を築くべきだ、パレスチナ側が独立国家の樹立と難民のイスラエルへの帰還の両方を要求するのは道理に適っていないと述べた。会談の焦点は、イランの核開発問題であった。オルメルト首相は、この後、ロンドンでブラウン英首相と会談を予定している。(10/22ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/915681.html 

<その他の地中海関連>
●レバノンのヒズボラ高官Nawaf Mussawi氏が22日AFPに対し、ヒズボラはレバノンに米軍基地を建設することには反対する、レバノンの土地を踏んだ米軍兵士は占領軍とみなす、と語った。25日にレバノンのAs Safir紙(親シリア系)が、米国政府がレバノン政府に正式に同国での米軍基地建設を申し出ていると報じた。同25日、レバノン政府はこれを否定している。(10/23ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/?news=3049 

<イラク関連>
●クウェイト市で23日にイラク周辺諸国の内相会議が行われ、サウジアラビアのナイーフ内相が、現在の苦境からイラクを救うための努力と武装勢力に反対する立場の明確化を呼びかけた。参加国は、イラン、イラク、エジプト、トルコ、クウェイト、バハレーン、ヨルダン、シリア。(10/24アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=102792&d=24&m=10&y=2007 

<イラン関連>
●ラフサンジャニ専門家会議議長は22日、Sari Islamic Azad大学の教授および学生の集会において、現代社会は自由と民主化に向けて急速に動いており、グローバルな市民の意見は、かつてのように独裁者によってコントロールすることはできない、とし、言論の自由が社会に脅威を与えることはないと述べた。同議長は、演説では必ず北部地域の農業と開発計画の実施を呼びかけている。そして、同議長は既に、北西部のAstara市から北東部のGonbad市への水パイプラインの建設の主要計画を提案している。(10/23イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/2972/html/ 

<アラビア半島関連>
●湾岸アラブ諸国の治安担当者は22日より、特にイラクなどでの地政学的リスクについてクウェイト市で会合を開いた。同会議の開催は、戦略のすりあわせと、イラク戦争およびイランの核開発での欧米との緊張関係の影響に対処するために、7月のリヤドでの湾岸国防・外相・情報長官の会合で決められていたもの。(10/23ガルフ・ニュース)
http://www.gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=180207&version=1&template_id=37&parent_id=17 
●サウジアラビアのアブドゥラ国王は22日、ジェッダで、Tarja Halonenフィンランド大統領と主要な地域及び国際問題について両国間の協力に焦点を当てながら協議した。(10/23アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=102760&d=23&m=10&y=2007 

<トルコ関連>
●トルコのババジャン外相は21日、ジェッダを電撃訪問し、サウド外相との協議を持った。ババジャン外相は、先にエジプトとレバノンを訪問している。(10/21シャルクル・アウサト)http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10626 また、同外相はサウジのアブドゥラ国王へのギュル・トルコ大統領からの親書を渡した。(10/22アラブ・ニュース)http://www.arabnews.com/?page=4§ion=0&article=102701&d=22&m=10&y=2007
[PR]

by cigvi | 2007-11-01 23:39 | <こぼれ話>
<< 2007年10月25-26日に... 2007年10月17-20日に... >>