複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年10月25-26日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●ヨルダンのアブドラ国王はパレスチナのアッバス大統領は25日、アンマンで、今年末までに実施される米国主催の中東和平国際会議を成功させるための方途について協議した。アッバス大統領はアブドラ国王に先のオルメルト・イスラエル首相との会談について説明した。(10/26ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/index.php?news=3161
●イスラエルの科学・文化・スポーツ相のRaleb Majadele氏は26日、イスラエルはシリアとの和平の代償(全てのアラブ諸国との和平と交換にゴラン高原を返還する)を払う用意ができている、とクウェイトのAl-Ray紙にコメントした。(10/26ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/917411.html 
●ロシアのAlexander Saltanov中東問題担当副外相とSergei Yakovlev中東和平特使が今週、イスラエルを訪問し、イスラエルのリブニ外相とバラク国防相などと会談を持った。協議内容は主にイラン問題とパレスチナ問題。また、ロシア側は、イスラエルはシリアに対し、政策を変更すれば利益を得られるだろうとのシグナルを送るべきだと述べた。イスラエル側は、シリアこそ和平への真剣さをイスラエルに示すべきだと述べた。(10/26ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/917191.html 
●イスラエル国防軍は、予定されていたゴラン高原での軍事演習を、シリアとの不必要な緊張が高まるのを避けるため、中止することを決めた。(10/26ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/917151.html 
●国連安保理に24日に提出された南レバノン状況についての報告書によると、レバノンのヒズボラの軍事力は2006年7・8月のイスラエルとの紛争前に匹敵する大きさになっているとしている。(10/25ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/916759.html 

<イラン関連>
●イランの改革派の政党Iranian Islamic Participation FrontのMohsen Mirdamadi事務局長は26日、アハマディネジャド大統領の自尊心と突然の決定による外交政策がイランの核開発に対する国際社会のより厳しい対決姿勢を招いていると批判した。(10/26ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/October/middleeast_October378.xml§ion=middleeast&col= 
●イランのハーメネイ最高指導者(軍最高司令官でもある)は24日、Shahid Sattari Air Force Academyの卒業記念式典で、心の安全と平和を感じることは全ての国民の物質的、精神的進展のために必須である、と述べた。そして、兵士に信仰を強めるよう呼びかけた。(10/25イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/2974/html/ 

<アラビア半島関連>
●24日にクウェイトを訪問したサウジアラビアのスルタン皇太子は、クウェイトのサバーハ首長と主要な地域及び国際社会の問題について第1回目の協議(サルマン・リヤド州知事などが同席)を行い、両国関係の一層の強化について検討した。同皇太子は、協議の主要テーマはパレスチナ問題とイラク問題だったと述べたと、サウジ国営通信が報じた。(10/25アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=102806&d=25&m=10&y=2007
●ローラ・ブッシュ米大統領夫人は24日、在ジェッダ米総領事官邸で、サウジの乳癌を切り抜けた女性たちやボランティア関係者たちと友好な雰囲気の中、懇談した。(10/25アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=102809&d=25&m=10&y=2007
[PR]

by cigvi | 2007-11-03 22:00 | <こぼれ話>
<< 2007年10月27-29日に... 2007年10月21-24日に... >>