複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年11月12-13日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●イスラエルのバラク国防相は13日、イスラエル公共ラジオで、アナポリスでの開催が予定されている中東和平国際会議にシリアが出席することは前向きなことであり、新たな交渉への道が開かれるかもしれないと述べた。(11/13ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/November/middleeast_November178.xml§ion=middleeast&col= 
●イスラエルのペレス大統領とパレスチナ自治政府のアッバス大統領は13日、トルコのアンカラで会合を持った。両氏はトルコの大統領府で、西岸地区での工業団地建設について協議する。(11/13ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/November/middleeast_November175.xml§ion=middleeast&col= 

<その他の地中海関連>
●フランスのクシュネール外相は13日、レバノンを訪問した。11月23日に期限切れを迎えるレバノン大統領選挙で対立している親シリア派と反シリア派間での候補者の合意を促すのが目的。同外相のレバノン訪問はここ数ヶ月で5度目。(11/13シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10857 

<イラク関連>
●イラク駐留米軍高官が述べたところによると、ディヤラ州から3000人の米軍兵士を帰国させはじめており、ほとんどがクリスマスまでには帰国予定で、交代要員は送られない。3万人の増派実施後、2回目の大規模な兵員の引き上げとなる。今年9月には約2200人がアンバル州から帰国している。(11/13ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/November/focusoniraq_November51.xml§ion=focusoniraq&col= 

<イラン関連>
●イランの専門家会議のラフサンジャニ議長は12日、“国家の統一・戦略・政治”と題するセミナーの開会式で、統一性を作り出すことはイデオロギーの統一がないと困難であると述べた。また現在、中東地域が難しい状況にある中、国家は警戒を要すると強調し、統一性が問題解決にとって重要性だと述べた。(11/13イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/2989/html/index.htm 
●Jomhuri Eslami紙が12日に報じたところによると、イランのLorestan州のBorujerd市で10日、スーフィーのGonabadi教団の人々とシーア派の人々の間で衝突がおきた後、治安部隊がスーフィー教団支部に詰めかけ、数十人が負傷し100人以上が逮捕された。(11/12シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10848 

<アラビア半島関連>
●サウジアラビアのアブドゥラ国王は6ヶ国(英国、イタリア、ドイツ、トルコ、バチカン、エジプト)訪問を終え11日に帰国した。同国王はカイロでムバラク・エジプト大統領と2回会合を持ち、米国主催で予定されている中東和平国際会議やイラク、レバノン情勢などについて協議した。(11/12アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=103461&d=12&m=11&y=2007

<北アフリカ関連>
●エジプト警察が11日、今年7月にアレキサンドリアで拘束したムスリム同胞団のメンバー22人の釈放を命じたと述べた。(11/12ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/?news=3573 
[PR]

by cigvi | 2007-11-19 21:52 | <こぼれ話>
<< 2007年11月14-15日に... 2007年11月8-11日に拾... >>