複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年11月21日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●イスラエル国防軍およびシン・ベトの代表者が21日、閣議で、アナポリスでの中東和平国際会議への支援を表明した。しかし、アナポリス後に起こる可能性のあるシナリオの説明の中で、同会議での外交交渉に失敗した場合、パレスチナ自治政府の穏健な統治の崩壊となる可能性がある旨警告した。(11/21イェデオト・アハロノト)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3474257,00.html 
●中東和平カルテットのブレア特使(前英首相)は20日、パレスチナ自治政府の機構と経済の強化を目的とする一連のプロジェクトを発表した。同特使は、12月17日にパリで開かれるドナー国会議で、これらのプロジェクトのための資金を募りたいと望んでおり、各国が具体的な一つのプロジェクトを担当すべきだと考えている。また、同特使は即刻実施する4つのプロジェクトを選んだ。その一つは、日本が資金を拠出するパエスチナ・イスラエル・ヨルダン共同での農業・工業団地設立を含む「平和の回廊」プロジェクトである。このプロジェクトでは、ヨルダンから生産物を欧州や湾岸諸国に出荷することになる。(11/21ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/925841.html 
●イスラエルのオルメルト首相は20日の閣議で、イスラエルは新たな入植地の建設は行わず、用地没収を停止し、また違法入植地を取り除くと述べ、これらはすべてイスラエルによるロード・マップの第1段階における義務である旨表明した。また同時に、同首相は現存の入植地を締め付ける意図はないとも述べた。(11/21ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/925859.html 

<イラク関連>
●米軍のイラク治安部隊再建責任者James Dubik中将は21日、イランが武器と爆弾のイラクへの流入を減じてくれたことに感謝すると述べ、それがイラクでの暴力減少に寄与していると付け加えた。しかし、こうしたイランの関与がどの程度の進展をもたらしたのか正確に述べることは困難だとも述べた。(11/21ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/November/focusoniraq_November93.xml§ion=focusoniraq&col=
[PR]

by cigvi | 2007-11-26 00:59 | <こぼれ話>
<< 2007年11月22日に拾った... 2007年11月18-20日に... >>