複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年12月26-29日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●パレスチナ自治政府のAbdelrazak Al Yehya内相は29日AFPに対し、イスラエルとの話し合いがついたため、同政府は西岸の治安強化のために来月ロシアから装甲車50台を受け取る予定だと述べた。(12/29ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December421.xml§ion=middleeast&col= 

<その他の地中海関連>
●イラン(テヘラン、シーラーズ、イスファハン)からの40人のユダヤ人移民の一団(1979年以来最大数)が26日、イスラエルのベングリオン空港に到着した。国際的なユダヤ人団体から各自1万ドルの寄付を受け取った。イランからのユダヤ人移民は2006年には65人だったが、2007年には200人となった。今回の移民を実施したユダヤ機関(the Jewish Agency)は、このことが報道されたことで、現在イランで生活している2万5000~2万8000人のユダヤ人のイスラエルへの移が促されることになると期待している。(12/27ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/938337.html 

<イラク関連>
●イラクの司法筋が匿名でボイス・オブ・イラクに語ったところによると、2007年の2月半ばにバグダードの治安計画が開始されて以来、最高裁の調査委員会は1万1621人の収監者を釈放した。イラク政府の公表によると、イラク刑務所と多国籍軍留置所におよそ3万2000人が収監されている。(12/29ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=64259&NrIssue=2&NrSection=1&ALStart=120 
●イラクのタラバニ大統領は27日に声明で、イラク・イラン間の1975年のアルジェ協定は現在も有効であるとして、イラク政府には同協定を取り消す意図はない旨述べた。またイラク政府報道官Ali al-Dabbagh氏は、イラクは以前に締結された国際協定を引き継いでいることを強調した上で、イラク政府はアルジェ協定に代わる協定を提案する意思があると述べた。(12/27ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=64198&NrIssue=2&NrSection=1&ALStart=120 
イランのモッタキ外相はタラバニ大統領の27日の声明を歓迎した。(12/29ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December425.xml§ion=middleeast&col= 

<アラビア半島関連>
●サウジアラビア内務省は声明で、新たに10人のサウジ人がグアンタナモ収容所から釈放され帰国したと述べた。ナイーフ内相はサウジ国営通信SPAに対し、グアンタナモに収監されている残りのサウジ人を帰国させる努力を続けており、米国政府もこれに協力してくれていると述べた。(12/29シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11287 
●サウジ統計局の報告によれば、2007年のサウジアラビアのモノとサービスの輸出総額は6.7%の伸びで2402億ドル(9008億SR)うち、非石油部門のモノの輸出は24.9%の伸びで1068億SRと見込まれる。2006年の輸出額は2110億ドル(7913.4億SR)であった。サウジの輸出額のうち非アラブ・非イスラムのアジア諸国へは3945.6億SRで、日本がトップ(主に原油および石油化学製品、1303.7億SR、およそ17%)であった。第2位は米国で1192.4億SR(およそ15%)、第3位は韓国で725.7億SR、第4位が中国で495.6億SR、第5位がインドで485.2億SR。GCC諸国の中ではUAEへの輸出が一番多かった(254.9億SR)。(12/27アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=104988&d=27&m=12&y=2007

<トルコ関連>
●トルコのエルドアン首相は25日、ロシアのプーチン大統領と電話で、エネルギー分野での協力を中心に両国間の関係を多様化させる意志を確認した。(12/26トゥデイズ・ザマン)
http://www.todayszaman.com/tz-web/detaylar.do?load=detay&link=130077 

地球村研究所のホームページhttp://park1.wakwak.com/~cigvi/data200801.htmlでも、若干新しい中東報道の掲載をはじめました。こちらもご参照いただければ幸いです。
[PR]

by cigvi | 2008-01-30 19:47 | <こぼれ話>
<< 2007年12月30-31日に... 2007年12月23-25日に... >>