複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2008年1月12-14日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●イスラエルのYuval Diskinシンベト長官は1月13日、クネセトの外交問題・防衛委員会において、ここ数週間でハマスは1億ドルをガザに持ち込んだと述べ、同資金は、メッカ巡礼から帰ってきた数百人の巡礼者によって持ち込まれたと述べた。(1/14ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/944277.html 

<その他の地中海関連>
●ヨルダンのアブドラ国王は1月13日モロッコを訪問し(3日間)、14日にモハンマド6世モロッコ国王と会談を持った。同会談で、両首脳は経済・投資・政治分野をはじめ二国間関係を強化することならびに、アラブおよびイスラム諸国のさまざまな問題で引き続き協力していくことを強調した。ヨルダンとモロッコは同日、競争、輸出促進、共同大規模プロジェクト建設の3分野における二国間関係の強化に関する協定書に署名した。(1/14ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/index.php?news=4988 
●イスラエルの治安関係の高官筋によると、米国はサウジアラビアに売却する予定の統合直接攻撃弾(JDAM)よりも、より高度な爆弾をイスラエルに売却することで基本合意に達した。(1/14ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/index.php?news=4975 
●ヨルダンのアブドラ国王は1月13日、中東訪問中のブッシュ大統領から電話を受け、オルメルト・イスラエル首相およびアッバス・パレスチナ自治政府大統領との会談についての報告を受け、中東和平問題について協議した。(1/14ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/index.php?news=4965 
<イラク関連>
●イラク外務省によると、2日間の日程でクウェイトを訪問したイラクのジバリ外相は1月14日、クウェイトのサバーハ首長と会談し、二国間関係の強化について協議した。サバーハ首長は、イラクの治安と安定、国民和解の確立に向けての努力を支援すると述べた。ジバリ外相は、クウェイト側とイラクの債務、戦争賠償金、捕虜などを含む問題を協議するために同国を訪問した。(1/14ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=66009&NrIssue=2&NrSection=1&ALStart=280 

<イラン関連>
●イランのハーメネイ最高指導者は1月9日、イラン国民は来る国会選挙に慎重さと決意をもって投票すべきだと述べた。同発言は、イスラム革命以前の30年前、国民の宗教アイデンティティを非難するエッテラート紙の記事に抗議してコムで行われた大規模デモ行進の記念日を祝って、コムから来た人々のグループとの会合の中で行われた。(1/12イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3036/html/index.htm 

<アラビア半島関連>
●1月14日にサウジアラビアを訪問したサルコジ大統領は、サウジへの民生用原子力エネルギーの可能性を検討するための支援(フランス原子力エネルギー委員会のサービス提供)を申し出た。また、同大統領とサウジアラビアのアブドゥラ国王は、石油・ガスに関する合意書、政治協力に関する合意書に署名した。シャルクル・アウサトが報じたところによると、サウジアラビアはフランスに、国境治安システムの改良、フランス製ヘリコプター、艦船、潜水艦の購入を求めている。また、フランスによるメッカ・メディナ間のTGV高速新幹線の敷設とリヤドの地下鉄の開発を期待している。(1/14シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11451 
●イエメンで元駐イエメン米国大使の殺害を計画した容疑で拘束されていたイエメン人2人は1月14日、上訴裁判所で刑期を終えたとして釈放を命じられた。2人は2004年に拘束され、2006年に5年の刑期を言い渡されたが後に3年に減刑されていた。(1/14シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11457
●イエメンのアルカイダは1月12日遅くイスラム系ウェブサイトに、イエメン政府に対し拘束しているアルカイダ関係者を釈放するよう要求すると共に、同国政府に殺害された仲間の復讐をする旨の声明を出した。(1/13シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11439 

☆地球村研究所のホームページhttp://park1.wakwak.com/~cigvi/data200801.htmlで、若干新しい中東報道の掲載をはじめました。こちらもご参照いただければ幸いです。
[PR]

by cigvi | 2008-02-10 22:51 | <こぼれ話>
<< 2008年1月15-17日に拾... 2008年1月9-11日に拾っ... >>