複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2008年1月21-22日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<イラク関連>
●イラク国会は22日、暫定的な新国旗を承認した(出席者165人中110人が賛成)。国旗の変更は、バルザーニ・クルド自治政府議長をはじめクルドの人々からサッダーム政権時代を思い出させるとして、以前から要求が出ていた。今回の決定は、今年3月10日にクルド自治政府(2006年、同域内で公の建物にこれまでのイラク国旗を掲揚することが禁止された)の首都アルビルで予定されている汎アラブ会議(シリアに本部を置き、アラブ連盟加盟各国4人のメンバー、88人からなる議会。アラブ連盟評議会の諮問機関)の開催を前に行われた。新国旗では、これまであった3つの星(統一、自由、社会主義というバアス党のモットーを象徴)が削除される。1991年の湾岸戦争時に付加された「神は偉大なり」の文言は残る(オリジナルハサッダーム前大統領の自筆であったが非公式に別の書体に変更されている)。今後1年間をかけて正式な新国旗確定の議論が行われる予定。(1/22シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11537 
●米軍報道官のGreg Smith海軍少将は2月20日、バグダードで記者に対し、イラクの多国籍軍およびイラク治安部隊への攻撃に使用されるイラン製武器の数は減少しており、イランからの(武装勢力への)資金流入も減少していると見ているが、イランによる武装勢力の訓練レベルは落ちていないと見ている旨述べた。(1/21ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2008/January/middleeast_January319.xml§ion=middleeast&col= 

<イラン関連>
●イランのアハマディネジャド大統領は21日、カタルのハマド大統領と電話会談し、イスラエルのガザ地区のパレスチナ人への人道上の暴力について協議した。イラン国営通信が報じた。(1/22イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3044/html/national.htm
●イランのアハマディネジャド大統領は21日遅く、エジプトのムバラク大統領に電話をかけ、最近のパレスチナ情勢とレバノンの政治危機について協議した、とエジプト国営通信MENAが報じた。1月はじめにはラリジャニ前核問題交渉担当者がエジプトを訪問している。(1/22ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2008/January/middleeast_January338.xml§ion=middleeast&col=
●イラン国営通信(IRNA)は1月21日、同国のハーメネイ最高指導者がGholam Ali HadadAdel国会議長に宛てた手紙で、「全ての組織は憲法によって決められたプロセスを経て承認された法律を尊重しなければならない」と述べ、アハマディネジャド大統領と対立している国会への支持を表明した。同大統領は、通貨・預金委員会などいくつかの組織を解体することや夏時間の廃止など、自身が下した決定を国会が覆したことについて、国会を非難していた。(1/21シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11523 

<アラビア半島関連>
●リヤドで1月20日に「第2回グローバル競争力フォーラム」が開催された。開会に際し、サルマン・リヤド州知事がアブドゥラ国王からの、サウジアラビアはいくつかの経済改革を行っており、この改革の流れは今後も続き、そのことが同国経済に前向きな影響を与えるだろうとのメッセージを読み上げた。(1/21アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=105924&d=21&m=1&y=2008 

<トルコ関連>
●トルコの統計局は21日、最近実施された調査の結果を発表し、2007年12月末現在の人口は7048万7917人(この他に9万8339人の外国人が在住)であることを表明した。このうち70.5%が都市部居住者。またイスタンブルには17.8%が居住している。(1/22トゥデイズ・ザマン)
http://www.todayszaman.com/tz-web/detaylar.do?load=detay&link=132200 
[PR]

by cigvi | 2008-02-18 00:35 | <こぼれ話>
<< 2008年1月23-26日に拾... 2008年1月18-20日に拾... >>