複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi

2007年3月10-11日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<イラク関連>
●公式な数ではないが、イラク人でシリアに逃れた者はおよそ100万人と見積もられている。このため、シリアでは不動産価格が高騰している。また必需食料品やガソリン価格も上っている。一方、ヨルダンに入ったイラク人は、公式には25万人程度と発表されているが、実は3倍の75万人と見積もられている(3/11イェデオト・アハロノト)。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3374793,00.html

<イラン関連>
●11日付サンデー・タイムズ紙電子版が報じたところによると、イラン筋から入手した情報ではイランのAli Reza Asghari元国防副大臣は、2003年に業務で国外出張をした折にリクルートされて以来、イランで西側(欧米)のためにスパイ活動を行っていた。同氏は、この週末、家族とともに、ドイツのNATO軍基地で報告を行っていると見られている。イランの諜報機関が同氏をスパイではないかと怪しみ始めたので、西側の諜報機関によってシリア経由でトルコに入り逃亡させたという(3/11イェデオト・アハロノト)。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3374863,00.html
●イランのMostafa Mohammad-Najjar国防相は9日からシリアを公式訪問し、10日、シリアのHassan Turkmani国防省と協議を持った。イラン国防相はバッシャール・アサド・シリア大統領とも会談することになっている(3/10イラン国営通信)。
http://www2.irna.ir/en/news/view/line-203/0703101521131037.htm
●関係筋が10日に述べたところによると、来年度予算(3月21日~)の枠組みの中で、イラン内務省は中国と200億ドル相当(75億ユーロ、および105億ドル)の契約に署名した。同筋によると、ある中国・カナダ系銀行が資金を5-8年で調達し、返済はユーロまたはドルとなるという(3/10イラン・デイリー)。
http://www.iran-daily.com/1385/2801/html/
[PR]

by cigvi | 2007-03-11 22:58 | <こぼれ話>
<< 2007年3月12-15日に拾... 2007年3月7-9日に拾った... >>