複眼で見る中東報道


中東地域の報道を通し、国際社会の現状を複眼的に考えよう(地球村研究所)。研究所所長の 「水口章:国際・社会の未来へのまなざし」(http://blogs.yahoo.co.jp/cigvi2006)もご参照ください。
by cigvi

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年12月7-11日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●ハマスのAyman Tahaスポークスマンは、ハマスの政治部門指導者ハレド・メシャル氏が8日サウジアラビアのリヤドを訪問し、サウジ高官とファタハ・ハマス関係の現状について協議していると述べた。一方、西岸のファタハ指導者の一人Hatham Abed al-Kadr氏は9日、エジプトが最近、ファタハとハマスの高官と連絡を取っていると述べた。(12/10ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/933005.html 

<その他の地中海関連>
●ヨルダンのアブドラ国王は9日、アンマンを訪問したシリアのムアレム外相と会談を行った。同会談で、アブドラ国王は11月のバッシャール・アサド・シリア大統領との会談での合意を実施する必要があることを強調した。また同国王は、シリアとの関係強化を強く望んでおり、中東和平プロセスを中心にシリアがアラブとの共同行動を行うことを期待する旨述べた。(12/10ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/?news=4240 
●シリアのバッシャール・アサド大統領は8日、内閣改造を実施し、2人の閣僚を入れ替えた。シリア国営通信SANAが報じた。新通信・技術相にはGhani Sabuni氏(元通信省次官)が、新ワクフ相にはMohammed Abdel-Sattar Sayyed氏(元ワクフ副大臣)が就任した。(12/8ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December126.xml§ion=middleeast&col= 

<イラク関連>
●イラクのジバリ外相は11日、シリアのウトリ首相と二国間問題などについて協議するためシリアを訪問した(2日間の予定)。(12/11ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=62745&NrIssue=2&NrSection=1&ALStart=200 
●イラクの国家治安顧問のルバイエ氏は10日に放映されたアルアラビーヤ・テレビのインタビューで、イラクは国内に米軍の恒久基地が置かれることを許さないだろう旨述べた。(12/11シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11130 

<イラン関連>
●9日付の電子版ロサンゼルス・タイムズは、米国中央情報機関CIAが、イランの核開発に関与しているイラン人たちを欧米側に寝返らせることを目的とした秘密工作を実施している、と報じた。(12/10ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December152.xml§ion=middleeast&col= 
●イランのハーメネイ最高指導者は8日、文化革命最高評議会のメンバーに対し、イラン国民の重要な理想は、力強い、希望に満ちた、正義を追求する、一神教の世界だと述べた。また同師は、文化は革命の崇高な目的達成の助けとなる最も重要な指標だと語った。(12/9イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3011/html/index.htm 
●イランのFars通信と国営通信IRNAが報じたところによると、イランの大学生たち(人数は不明)が9日、テヘラン大学でデモを実施、正門の一部を破壊した。学生たちは、アハマデネジャド大統領を非難し、5月に逮捕された3人の学生の釈放を求めた。4日に数十人の学生による同様のデモが実施されて後、テヘラン大学でのデモは今回で少なくとも2回目。(12/9ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December143.xml§ion=middleeast&col= 

<アラビア半島関連>
●サウジアラビアの閣議は10日、2008年度予算(2007年12月31日~2008年12月30日)を承認した。同予算では、引き続き慎重な原油価格見通し(日量910万バレル、1バレル当たり45ドル、WTIでは49ドル)の下でインフラ整備を促進することに重点が置かれている。歳入4500億SR、歳出4100億SR、財政黒字400億SR(107億ドル)を見込んでいる。2007年の黒字は1785億SR、歳入6215億SR、歳出4430億SRであった。(12/11アラブ・ニュース)
http://www.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=104520&d=11&m=12&y=2007 
●Okaz紙がサウジアラビアの国境警備隊責任者Talal bin Mohsen Anqawi氏の発言を引用し報じたところによると、同国は6月から10月の間に872人の密輸容疑者を逮捕し、45kgの爆弾、16のロケット推進爆弾ほか、手榴弾や携帯電話ほかの武器や麻薬を押収した。(12/9ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December144.xml§ion=middleeast&col= 
●米国のブッシュ政権は、およそ104億ドル相当と見られる最先端ミサイル迎撃システムをUAEとクウェイトに売却する計画を議会に表明した。米国防総省は議会に対し、UAEは288基のPAC-3など(90億ドル程度)、クウェイトは80基のPAC-3、PAC-2のアップグレード、パトリオット地上支援設備など(13億6000万ドル程度)を希望していると述べた。(12/7ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/index.php?news=4176 
[PR]

by cigvi | 2007-12-30 20:45 | <こぼれ話>

2007年12月4-6日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<その他の地中海関連>
●Shivuk Panoramaマーケティング・グループが562人を対象に実施した世論調査によると、イスラエルは単独でイランの各施設を攻撃すべきかとの問に、67.2%のイスラエル人が「ノー」と回答した(「イエス」は11.9%)。6日に国営ラジオで公表された。(12/6ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December90.xml§ion=middleeast&col= 
●米国務省のケーシー報道官は5日、イラン政府は今年3月に同国のキーシュ島をビジネスで訪問時に行方不明となった元FBIの男性に関する情報を彼の家族に与えるべきだと述べた。(12/6ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December87.xml§ion=middleeast&col= 

<イラク関連>
●ニューヨーク・タイムズがイラク赤十字社の見積もりとして報じたところによれば、2007年9月半ば意向、2万5000人近くのイラク難民がシリアから帰国した。(12/4ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=62041&NrIssue=2&NrSection=1 
●米国訪問中のイラク・イスラム最高評議会SIICのハーキム指導者は、米国平和研究所主催のフォーラムで、個人的には世界の他の国々同様にイラクから外国の軍隊がいなくなることを望むと述べた。(12/4ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/December/focusoniraq_December21.xml§ion=focusoniraq&col= 
●イラク駐留米軍は4日、北部で飛行禁止空域が設置されて以来14年ぶりに、モスルの飛行場を再会したと表明した。(12/4ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/December/focusoniraq_December22.xml§ion=focusoniraq&col= 
●イラク・イスラム国の指導者アブ・オマル・アル・バグダディが4日ウェブサイトで、イラク治安部隊に対する爆弾攻撃を繰り返すよう命じるメッセージを出した。(12/4シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11069 

<イラン関連>
●5日、テヘランでの第6回イラン・オマーン軍事委員会で、二国間軍事協力、共同海上救援オペレーション、反ドラッグおよび人身売買キャンペーン、海上治安・訓練問題分野での知識交換などで合意に達し覚書が交わされた。イラン国営通信IRNAが報じた。(12/6イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3009/html/index.htm
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10848

[PR]

by cigvi | 2007-12-24 21:11 | <こぼれ話>

2007年12月1-3日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●イスラエル・ラジオが報じたところによれば、パレスチナ自治政府のアッバス大統領は、1日、エジプトとヨルダンを短時間訪問した後サウジアラビアに到着後まもなく、「歴史的にイスラエルとパレスチナという2国家がある。ユダヤ人およびその他の人々を包含しているイスラエル、われわれはこの国家を承認する用意はあるが、そうでなければ認めない」と述べ、ユダヤ人国家としてのイスラエルの承認を拒否した。(12/2ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/929978.html 
●イスラエルに収監されているファタハの指導者マルワン・バルグーティーは2日、クネセトの国内問題および環境委員会メンバーの訪問を受けた後、400人程度のパレスチナ人収監者の釈放は冗談に等しいと述べた(12/2ハーレツ)http://www.haaretz.com/hasen/spages/930291.html 。翌3日、イスラエルは429人を釈放した。(12/3ハーレツ)http://www.haaretz.com/hasen/spages/930585.html 

<その他の地中海関連>
●ワシントン・ポストが1日に報じたところによると、CIAはヨルダンにおいて少なくとも12人のテロ容疑者の拘束と取調べるために、ヨルダン側と協力していた。元拘束者や人権活動家らの主張では、アンマン郊外にある拘留センターは、主に世界各地でCIAが拘束した人物の乗換え地点として密かに使用されていた。(12/1ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December6.xml§ion=middleeast&col= 

<イラク関連>
●イラク駐留米軍高官が3日に述べたところによれば、アルカイダに影響される若者が増加しており、1月には100人の若者が交流されていたが、現在は950人に増えている。(12/3ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/December/focusoniraq_December20.xml§ion=focusoniraq&col= 
●ネグロポンテ米副国務長官は6日間イラクを訪問し、2日の記者会見で、米軍の増派により獲得した治安の進展に続き、直ちに政治プロセスを進めるべきだと述べた。(12/2シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11054 
●イラク・イスラム最高評議会(SIIC)が米国のテキサスのヒューストン病院の医療チームの発言を引用して発表したところによると、SIIC指導者アブドゥルアジズ・アル・ハーキム師は、肺癌が治癒し、現在のところ更なる治療の必要性はなくなった。同師は11月26日より米政府の招待で米国訪問を行っていた。それ以前には、5ヶ月以上の治療を終え、11月11日にテヘランからバグダードに帰国していた。(12/1ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=61781&NrIssue=2&NrSection=1 

<イラン関連>
●イラン国営通信IRNAが報じたところによると、シリアのFaysal Mekdad外務副大臣はイランを訪問し、2日イランのアハマディネジャド大統領と会談を持った。会談において同副大臣は、シリアのバッシャール・アサド大統領の親書をアハマディネジャド大統領に手渡し、2国間の戦略的関係の重要性を強調した。イラン国営テレビによると、同国大統領は、敵がイランとシリアの固い絆を傷つけることはできない旨のべた。(12/2ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/930244.html 

<アラビア半島関連>
●サウジアラビアのオカズ紙は2日、伝えられるところによれば、アルカイダに関係しているテロリスト容疑者が拘束される前に8基の中国製ミサイルを密輸し、ホテルなどを標的とした攻撃に使用しようとしていたらしい、と報じた。(12/2ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December25.xml§ion=middleeast&col= 
●サウジアラビアのナイーフ内相は、1日に発行されたオカズ紙のコメントの中で、同国のイスラム法学者たちは、サウジの若者たちがイラクでの戦闘など武装勢力に関係することを思いとどまらせるための努力を十分行っていないとして非難した。6月に同内相は、数百人のイスラム法学者に対し、サウジ人がイラクで自爆テロを行うことを止めさせる必要がある旨のスピーチを行っていた。(12/1ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/December/middleeast_December9.xml§ion=middleeast&col= 

<北アフリカ関連>
●エジプト警察は11月30日、シナイ半島東部で、およそ350kgの爆弾などを自宅の地下に隠し持っていたベドウィンの女性を逮捕した。(12/1ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/929920.html 
[PR]

by cigvi | 2007-12-24 18:12 | <こぼれ話>

2007年11月29-30日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●イスラエルのオルメルト首相は28日、ハーレツのインタビューに答え、二国家並存という解決方法が失敗し、南アフリカのように平等の投票権を求める闘争が起きれば、イスラエル国家は終わりを迎えることになる、と述べた。同首相は4年前にシャロン政権の副首相であった時にも同様の指摘を行っていた。(11/29ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/929439.html 
●ハーレツが28日に実施した世論調査(対象497人)によると、アナポリス中東和平会議について「成功」だと考えるイスラエル人は17%、「失敗」だと考える人は42%であった。25%は「失敗でも成功でもない」と答えた。(11/29ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/929442.html 

<その他の地中海関連>
●ヨルダンのNader Dahabi首相は28日、アンマンを訪問したイラクのBaqer Jabr Zubeidi財務相と会談を持ち、懸案の財政問題とイラク西部のハディーシャからアカバまでの石油パイプライン延長の見通しについて協議し、貿易協力議定書に署名した。(11/29ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/?news=3973 
●ヨルダンのNasser Judehメディア問題・コミュニケーション担当国務相は28日、ヨルダン政府は同日、シリアに収監されていた18人のヨルダン人を受け渡されると述べた。同相によると、今回のシリアの動きはバッシャール・アサド・シリア大統領の支持によるもので、先のアブドラ・ヨルダン国王のシリア訪問時に同大統領と協議したことの成果である。(11/29ヨルダン・タイムズ)
http://www.jordantimes.com/?news=3971 

<イラン関連>●イランのハーメネイ最高指導者は28日の海軍記念日に、海軍関係者に対し、軍隊を支える最も重要な基礎はアッラーへの信仰であり、自己の能力を信じることだと述べた。イラン国営通信IRNAが報じた。同日、バンダル・アッバスにおいてイランで2隻目の潜水艦の浸水が行われた。(11/29イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3003/html/ 
●イランのDavoud Danesh-Jafari経済問題・財政相28日、国会と政府高官の合同会議で、両者はインフレーション(9月-10月の1ヶ月間で16.2%)を阻止するための方法を協力して検討していると詳細を説明した。(11/29イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3003/html/economy.htm#s276123 
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10848


<トルコ関連>
●PKKの創設者で現在収監されているアブドゥラ・オジャランの弟のオスマン・オジャランはAP通信に対し、トルコから北イラクに拠点を移していたPKKメンバーはこの2週間の間に自国に戻っており、その後釜としてイランに拠点を置くPKK分派が北イラクに拠点を移動させていると述べた。(11/30シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11042
[PR]

by cigvi | 2007-12-05 23:14 | <こぼれ話>

2007年11月26-28日に拾ったこぼれ話

*日本のマスメディアであまり取り上げられなかったニュース(英語・電子版)を中心に拾っています。

<中東和平関連>
●28日付シリアのティシュリーン紙は、アナポリスでの中東和平会議の翌日、包括的でない和平合意はどんなものでも長続きしないとの論説記事を掲載した。(11/28ハーレツ)
http://www.haaretz.com/hasen/spages/928985.html 
●サウジアラビアのアブドゥラ国王とヨルダンのアブドラ国王は25日、リヤドで会談を持ちアナポリスでの中東和平会議についてとともに、地域および国際社会情勢、二国間関係について協議した。(11/26シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=10989 

<その他の地中海関連>
●レバノンのハリーリ前首相暗殺事件に関する国連の調査チームを率いてきたブラメルツ氏は28日、国連安保理への離任前の最後の報告で、調査により幾人かの人物が明らかに関係していることがわかったと述べた。また、これらの人物の幾人かの間にあるつながりが立証できたと述べた。さらに、レバノンで起きた他の18人の暗殺および爆破事件の犯人の間に作戦上のつながりがあることも確認できたとしている。調査に対するシリアの協力については、一般的に満足のいくものだと述べた。(11/28アルジャジーラ)
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/C7C09CB0-DCAB-4E47-8F05-4677CDE176F7.htm 

<イラク関連>
●ロシアは28日、ロシアへの入国を望むクルドの人々にビザを発給するため、クルド自治政府の首都アルビルに領事館を開設した。同日、アルビルに国連の地方事務所も開設された。(11/28ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=61519&NrIssue=2&NrSection=1
●ブッシュ米大統領は28日、イラク・イスラム最高評議会(SIIC)のアブドゥル・アジズ・アル・ハーキム指導者とホワイト・ハウスで、イラクの治安状況、二国間の戦略的パートナーシップなどについて協議した。ハーキム師は米政府の招きで26日にワシントン入りしている。(11/28ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=61506&NrIssue=2&NrSection=1 
●爆弾を身につけた女性が28日、バグダードの北西の米軍パトロール対の近くで自爆し、米兵7人とイラク人5人が死亡した。女性の自爆はまれ。(11/28シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11011 
●イラクの大アヤトラのシスターニ師は27日、スンニー派とシーア派の法学者たちとの2時間の会談を持った。その後に行われた記者会見で、Shiekh Khaled al-Mulla師が述べたところによると、同会談でシスターニ師は、私は全てのイラク人のための僕であり、スンニー派、シーア派、クルド人、キリスト教の区別はないとして、シーア派の人々に対し、スンニー派の兄弟たちを守るよう求めた。(11/27ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=61448&NrIssue=2&NrSection=1
●バスラの警察署長は27日、記者会見で、バスラにおいて武装勢力に対する攻撃を仕掛けるために新たなイラク治安部隊を投入するとの観測を否定した。また、同署長は、11月のはじめ以来バスラ市の犯罪は50%減少しており、6月以来バスラ視では75件の殺人しか起きていないと述べた。(11/27ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=61430&NrIssue=2&NrSection=1 
●イラク外務省の政治問題時間Labid Abawi氏は26日、ボイス・オブ・イラクに電話で、イラクは米国よりアナポリスでの中東和平会議の招待状を受け取っているが、いくつかの理由により参加しないと述べた。同次官は明確な理由は述べていないが政府のスケジュールが多忙であるとした。サドル派は25日にメディアに対し、イラクの同会議への参加に反対する旨表明していた。(11/26ボイス・オブ・イラク)
http://www.aswataliraq.info/look/english/article.tpl?IdLanguage=1&IdPublication=4&NrArticle=61289&NrIssue=2&NrSection=1 
●米軍のイラク治安部隊訓練責任者のJames Dubik中尉は25日、ロイターに対し、イラク治安部隊は着実に強化されているが、全土において治安責任の移譲ができるようなタイム・テーブルはできていない旨述べた。(11/26ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/focusoniraq/2007/November/focusoniraq_November107.xml§ion=focusoniraq&col= 

<イラン関連>
●イラン司法当局のAli Reza Jamshidi報道官は27日、Hossein Mousavian元核交渉副責任者に対するスパイおよび機密書対保持の起訴は中止されたと述べた。この件が公表された後、強硬派イスラム主義の学生たちが司法当局の事務所前で抗議を行った。(11/28シャルクル・アウサト)
http://www.asharqalawsat.com/english/news.asp?section=1&id=11019 
●イランは28日ペルシャ湾で、水中でソーナーを回避する機器を搭載した新しい国産の軽量潜水艦の進水を行った。イラン国営テレビが報じた。(11/28ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/November/middleeast_November454.xml§ion=middleeast&col= 
●イランのハーメネイ最高指導者は26日、テヘラン近郊での大規模軍事演習に参加するバシージの部隊に対し演説し、アナポリスでの米国主催の中東和平会議の主要目的はイスラエルの占領を正当化するためだと述べた。演習はイラン全土で同時に実施され、2500大隊を構成する800万人のバシージと3万の軍部隊が参加した。(11/27イラン・デイリー)
http://www.iran-daily.com/1386/3001/html/
●Mehr通信社が25日に報じたところによると、イラン治安部隊は北部Kordestan州で、クルド反政府組織PJAKのメンバー11人を逮捕した。(11/25ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/November/middleeast_November401.xml§ion=middleeast&col=

<アラビア半島関連>
●オマーンは25日、閣議の特別セッションの後、市場での生活必需品の価格高騰問題の研究のため、国民経済相を中心とする高級委員会の設置を表明した。(11/27ハリージュ・タイムズ)
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticleNew.asp?xfile=data/middleeast/2007/November/middleeast_November422.xml§ion=middleeast&col=
●カタルの9月のインフレーションは、賃料の高騰が商品やサービスの価格に影響し、13.73%と急進した。計画委員会が26日に発表した。同国の2006年のインフレ率は11.8%、2005年は8.8%、2004年は6.8%、2003年は2.3%、2002年は0.2%であった。(11/27ガルフ・タイムズ)
http://www.gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=187063&version=1&template_id=57&parent_id=56
[PR]

by cigvi | 2007-12-03 21:09 | <こぼれ話>